ネットワーク利用制限とは

ネットワーク利用制限とはdocomoやau、SoftBankなどの通信事業者(キャリア)が一定の条件で、通話や通信をできなくする仕組みの事を指します。

例えば、本体代金の分割支払いが一定期間以上滞っている、不正な契約をした場合など、キャリアがその契約した端末を使えなくするように利用制限をかけるといった事があります。 スマホや携帯の買取では、再販売した後にこういった利用制限がかからないよう、査定の際に確認させていただきます。
製造番号さえ分れば、1分程で確認できます。下記説明に沿ってご自身の端末を確認してみましょう!

製造番号を確認しましょう

ネットワーク利用制限を調べるにはまず本体の製造番号(15桁の数字)を調べる必要があります。
この製造番号は重複することなく1台1台固有のもので、IMEIと表記されることもあります。
製品により調べる方法が異なります。リセットする前に調べるのがオススメです。

・iPhone、iPadなどiOS搭載のApple製品

設定」アプリ >「一般」>「情報」の順にタップし、「IMEI」の欄が製造番号となります。
※リセット済の場合は画面右下の「i」マークをタップ

・電池パックが取り外せる製品

電池パックを取り外した所にバーコードとともに製造番号もしくはIMEIが記載されております。

・Android製品

「設定」アプリ >「端末情報」>「端末の状態」の順にタップした所に、製造番号もしくはIMEIが記載されております。
または通話のダイヤル画面にて「*#06#」を入力すると表示されます。

ネットワーク利用制限を確認しましょう

ネットワーク利用制限の確認方法は、各販売元のキャリアが確認サイトを公開しております。
下記リンク先より製造番号(IMEI)を入力する事により現在の状況が確認できます。

リヴァシスではネットワーク利用制限が「〇」または「△」のもの のみお買取りをさせていただいております。「×」のものは買取不可となります。
※「△」のものは減額査定とさせていただいております。

ネットワーク利用制限の表示ステータス

  • 「◯」 端末代金支払済みのもの → 買取可・減額なし
  • 「△」 未完済・現在支払い中のもの、または支払済だがケータイ保証サービス加入中のもの → 買取金額の減額(一部買取不可の場合もあり)
  • 「×」支払いが滞っているもの(利用制限中)→ 買取不可
  • 「-」SIMフリー端末、製造番号の誤入力、本体交換利用のもの →SIMフリー端末の場合買取可(減額なし)

※判定結果につきましては、到着時のもので査定となります。

キャリア別ネットワーク利用制限のルール

今までの経験則から一定のルールが存在していると思われます。
※保証するものではございません。専用サイトからのご確認をお願いします。

docomo

本体代金一括購入後も「△」の状態。「◯」に変更されるのに1ヶ月~3ケ月。
分割購入、ケータイ補償サービスなどに加入していると「△」のまま。
専用の窓口 0570-033-074 への問合せで「◯」に変更してもらえる場合も。

au

本体代金一括購入なら契約の翌営業日あたりには「◯」になる。
分割購入、ケータイ補償サービスなどに加入していると「△」のまま。

Softbank

本体代金一括購入なら契約の翌営業日あたりには「◯」になる。
分割購入、ケータイ補償サービスなどに加入していると「△」のまま。